Chacott Dance Cube

-Dance Around the World- from New York

March, 2006

By Bruixa Nishimura

 

Azul Dance Theatre Debut Performance:

Wind from Far East

 

The debut performance of Azul Dance Theatre, founded and led by a choreographer Yuki Hasegawa, Wind from Far East took place at Merce Cunningham Studio on March 17th and 18th.

 

Yuki Hasegawa started dancing classical ballet from age 3, she earned a degree in psychology at Kobe College. After moved to Tokyo, she established her career as a musical theater actress performing in productions such as, Oliver! and Golden Boy. For 8 years of her professional career, she continued trainings in jazz dance, theater dance, tap, and Japanese traditional dance. Then she moved to the U.S., and got her master’s degree in Dance and Dance Education at New York University. Through she presented her works in many places in New York area, this is the first time she organized her full evening company concert. The dancers are Chizuru Asakura, Madoka Asato, Kiori Kawai, Mitsuha Kojima, Satomi Makida, Ayumi Miki, Aoi, Nishimura, and Yayoi Suzuki.

 

All pieces except for two were choreographed by Hasegawa. Many of them were with music by Kodo. Their movements were well synchronized with the music while fusing elements from both Eastern and Western cultures. The influence from Japanese traditional dance was apparent in their kimonos. Her Japanese sensibility made her works extraordinary. The choreographer herself danced in the first piece in a kimono however, the sound that women in kimono made with their barefoot was very annoying especially in silence. Japanese tabi (socks) would have reduced the friction noise on the floor quite a bit, but I assume they might have been too slippery to dance with.

 

The most memorable piece of the night was the last of the program, Matsuri. Music was by Kodo the dancers in happi (traditional jackets) were very vibrant. I think it is wonderful choreography. The arm movements were very unique- armpits were open, elbows were straight, arms were moving while palms were facing out- instead of classical ballet’s basic positions. There were also  Kabuki-inspired movements: they turn their heads around while arms were open widely to the sides and legs were in deep plie. It was very impressive.

 

I interviewed Hasegawa after the show. She said, “The whole process of choreography was very hard. I know it is going to require a tremendous amount of energy to keep putting on a show annually. But I’d like to go on. I could see dancers’ movements in my head while listening to music that I like. Instead of making up movements while moving my body, I see the movements in my head, that translating them into the actual movements. This time the dancer’s levels were so high that they surpassed my imagination. The quality of the dancer is very crucial.”

Chacott Dance Cube -Dance Around the World- NY  November 2006

By Bruixa Nishimura

 

Dumbo Dance Festival

 

Dumbo Dance Festival was held in Brooklyn, New York from October 19th to November 6th. It was a truly big festival performed by many dancers and numerous regional dance companies. The festival schedule was filled with many performances. For example, there were the performances from 2:00pm to 10:00pm in October 21st and from 1:00pm to 7:00pm in October 22ns. The Performances last all day long. I was impressed by the fact, “There were so many dancers in the world, and they fight desperately!” For more information, please see the web site, www.whitewavedance.com.

 

I attended the performance at 2:00pm in October 22nd at DUMBO Dance Festival. Azul Dance Theatre, directed by Yuki Hasegawa who was based in New York, was presented a dance piece, Taiko (music by KODO.) Yuki Hasegawa performed in musical plays in Tokyo for eight years, received her MA in Dance Education from New York University, and she currently works in New York as a choreographer. The dancers were Mayumi Narita, Yoyoi Suzuki, Chizuru Asakura, Kiori Kawai, Atsunori Hayamizu, and Kathryn Wilkening. All of them were young and talented dancers based in New York. I have seen this piece at premiere in the company concert. A male dancer joined the company at this time, and the performance was matched to feeling of the music played on drums. The dancers put happi coat (festival costumes) on, they shouted on the beats, and it was an excited choreography. The movements contain traditional Japanese dance as well. The company is aiming for active future in New York. I am glad to see that a Japanese choreographer who has made achievement. I am rooting for her.

Chocott Dance Cube November, 2006

 

http://www.chacott-jp.com/magazine/world-report/from-newyork/from-newyork-0611c.html

 

ダンボ・ダンス・フェスティバル

  10月19日から11月6日まで、ニューヨークのブルックリンにあるダンボ地区で、ダンボ・ダンス・フェスティバルが開催されました。地元の小さなダンス カンパニーやダンサーたちがたくさん出演するかなり大きなフェスティバルなので、初めて観に行ってみました。日本の読者の皆様にとっても、たまにはこのよ うなローカルなレポートも面白いのではないでしょうか。スケジュールは、例えば10月21日は午後2時から10時まで、22日は午後1時から7時まで、一 日中上演されていたのでびっくりしました。「世の中にはこんなにたくさんのダンサーたちがいて、しのぎを削っているのか!」と驚きました。
 詳しい情報は、www.whitewavedance.comをご覧ください。

  私は10月22日の2時から3時の公演を観ました。ニューヨークで活動中の日本人振付家、長谷川ゆきが主宰するアスール・ダンス・シアターが、 『TAIKO』という作品を披露しました。鼓童の音楽を使っています。長谷川ゆきは、東京で10年間ミュージカル女優をした後、ニューヨーク大学大学院で ダンス関連の修士を取得し、現在もニューヨークで活動しています。ダンサーは、成田真弓、鈴木弥生、朝倉千鶴、河合貴織、成田真弓、早水敦紀、 Kathryn Wilkeningです。全員、ニューヨークで活躍している若手実力派ダンサーです。この作品は、このカンパニーの初公演の時にも観たことがあります。今 回は男性ダンサーが一人入り、太鼓のイメージに合ってとても良かったです。全員ハッピを着て、大きな掛け声もあり、元気いっぱいな振付です。日舞も取り入 れていました。このカンパニーは、今後ますます積極的にニューヨークで公演を重ねていく予定だそうです。日本人で活躍してくれる人が出てくるのは、嬉しい ことですね。応援しています。

Chocott Dance Cube March, 2006

 

http://www.chacott-jp.com/magazine/world-report/from-newyork/from-newyork-0604b.html

 

アスール・ダンス・シアターの初公演『ウインド・フロム・ファー・イースト』


3月17日、18日に、マース・カニングハム・ストゥーディオ にて、振付家の長谷川ゆきが主宰するアスール・ダンス・シアターの初公演、『ウインド・フロム・ファー・イースト』がありました。
  長谷川ゆきは、3歳からバレエを続け、神戸女学院大学で心理学の学位をとった後、上京、ミュージカル女優(『オリバー』、『ゴールデンボーイ』など)とし て8年ほど活躍。その間、ジャズダンス、タップ、日舞、シアターダンスを学び続けました。その後、ニューヨークに移転し、ニューヨーク大学の大学院でダン ス教育の修士を取得し、様々な場所で振付作品を発表してきました。今回は、初めて自らのダンスカンパニーを主宰して、その旗揚げ公演です。彼女が今まで学 んできた様々なダンスの要素がミックスされた作品でした。メンバーのダンサーは8人で、朝倉千鶴、安里マドカ、カワイ・キオリ、コジマ・ミツハ、マキダ・ サトミ、ミキ・アユミ、西村アオイ、鈴木弥生です。

  鼓童の音楽を使った作品が多く、全体的に、東洋と西洋の要素を混ぜた振付でした。音と動きが合っていました。振付は、2作品を除いたすべては長谷川ゆきに よるものです。着物を着て日舞の要素も多かったです。日本人ならではの、他にない素晴らしい作品でした。ゆき本人も、最初の作品に、着物姿で少し踊りまし た。ただ、着物を着た女性達はだしで踊っていたため、音楽なしで無音で踊るシーンは、足を動かすたびに床がキュッキュッと大きく鳴り響いていたので、気に なりました。足袋を履くと滑るからでしょうか? 個人的には、足袋を履かれたほうが音が鳴らなくていいと思いました。

  一番印象に残った作品は、最後の『祭り』です。音楽は鼓童です。全員、ハッピ姿で出てきて、元気いっぱいの踊りでした。とてもよい振付だと思います。特 に、手の使い方がバレエのようにアンオウではなく、脇は開いている状態で、ひじがピンと伸びていて、手のひらは外に向けられたまま腕が上下左右に動くとこ ろが良かったです。あと、その腕の動きのまま両手を左右にうんと開いて、グランプリエして、歌舞伎のように首をグルッと回すところも印象に残っています。

『ラッ フィング・エンジェルズ』の第二部は、じつは私の音楽を使った作品です。アルバム「セブン・ゴッズ」の5曲目、「浄化の儀式」で、10分近くもある曲なの で、振付はさぞ大変だったと思います。自分が作った曲で振付して踊ってくれている姿を見ると、とても感慨深かったです。

 終演後、長谷川 ゆきさんにお話を伺ったところ、「振付の作業は大変でした。今後1年に1回公演していくのにはすごくエネルギーがかかりますが、2回、3回と続けたいで す。振付は、気に入った音楽を聴いていると、ダンサーたちが動いている動きの映像が浮かんできます。自分で身体を動かしながら作るのではなく、先に振付の 映像が浮かんできて、それをもとに創っていきます。今回は、ダンサーたちのレベルが高かったので、自分が考えていた以上の動きをしてくれました。ダンサー のクオリティーはとても大切です」と語ってくれました。